ソーシャルレンディングとは

 

ソーシャルレンディングとは、お金を借りたい会社とお金を運用して増やしたい人とをインターネット上でマッチングするサービスです。

まずは、具体的なその仕組みを説明します。出資者はソーシャルレンディング事業を運営する会社のWebサイト上で出資する案件を選定します(具体的な出資先の会社名は分かりません)。出資する案件が決定すれば、口座を開設してそのファンドに対し出資をします。事業者は、個人投資家から募ったお金を融資先に融資します。その後、事業者は元本とは別に融資先から利息を受け取りますが、その利息から事業者の管理手数料を差し引いた金額が、出資者の利益として配分されます。

ソーシャルレンディング事業を運営する会社は、自己のWebサイト上で個人投資家からお金を募り、その集めたお金を企業に融資します。その後、ソーシャルレンディング事業者がその融資先から支払われる利息から手数料等を差し引いた金額が、個人投資家への分配金(利益)になるというものです。

ソーシャルレンディングは、出資者からお金を募ることを規制する「金融商品取引法」と融資を事業として行うことを規制する「貸金業法」の二つの法律にまたがったビジネスモデルであり、事業者は国から金融商品取引業者および貸金業者の登録を受ける必要があります。そのため、出資者は口座開設をする際に、事業者がきちんとこの二つの登録を受けている者かどうかをチェックする必要があります。

出資者と事業者との間では、「匿名組合契約」が締結されます。これは、貸金業等のライセンスを持たない出資者が直接融資先に対してお金を融資するのではなく、あくまで出資先は事業者であり、事業者が経営・営業で得た利益の一部の配分を出資者が得るという仕組みをとるため、このような契約が結ばれます。また、出資者は、融資先の具体的な会社名までは知ることができませんし、融資先も誰が自分の会社に融資をしてくれているかは分かりません。もしそれがお互いに知ることができると、ライセンスを持たない個人が直接企業に対して融資をしているかのようにみなされ、貸金業法に抵触する恐れがあるからです。

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ランキング


おすすめ記事