1. No.1maneo

    ソーシャルレンディングという投資手法が日本に入ってきたのは2008年。そしてそのソーシャルレンディングを日本で最初に手がけた会社が、今回ご紹介するmaneoです。つまりmaneoの歴史は日本におけるソーシャルレンディング投資の歴史なのです。今年でソーシャル事業展開を始めて…

  2. No.2クラウドクレジット

    クラウドクレジットはソーシャルレンディングサービスを提供する会社のひとつ。いわゆる融資型クラウドファンディングを投資家に対して提供しています。会社の設立は2013年。社長を務める杉山智行氏は、東京大学法学部を卒業後、大和証券SMBCそしてロイズ銀行で勤務をしてきた経験を持っていま…

  3. No.3ポケットファンディング

    ポケットファンディングは沖縄の不動産投資案件に特化したソーシャルレンディングサービスです。運営元はソーシャルバンクZAIZENという会社であり、沖縄に本社を置き数々の不動産事業を手がけています。ほとんどのソーシャルレンディングの運用会社が東京に本社を置く中で、沖縄に本社を持ってい…

  4. No.4ラッキーバンク

    ソーシャルレンディング会社を選ぶ時にはできるだけ確実に利益を出せる会社を選びたいもの。そんな中利回りが高い会社として人気があるのがラッキーバンクです。そこでラッキーバンクで投資するとどのようなメリットが得られるのか、またラッキーバンクに投資するのに向いているのはどんな人なのかなど…

  5. No.5レンデックス

    レンデックスは、2017年7月からソーシャルレンディング事業を開始した会社です。日本で現在営業しているソーシャルレンディング会社の中では新規参入組ですが、その案件の信用性や収益性の高さには目を見張るものがあります。では投資先としてレンデックスを選ぶ場合、どのようなスタンスで投資す…

  6. No.6グリーンインフラレンディング

    2017年度のソーシャルレンディングの市場規模は1300億円になると見られています。年々市場規模が倍々の勢いで拡大しているため、ソーシャルレンディング事業を展開する会社もどんどん増えています。その中でリスクを避け、かつ収益性を上げていくためには投資する会社を慎重に選ばなければいけ…

  7. No.7ガイアファンディング

    日本国内では珍しい、アメリカの案件を専門に事業を展開しているソーシャルレンディング会社がガイアファンディングです。海外の案件に投資できるということで、投資家にとっては投資先の選択肢を広げてくれるソーシャルレンディング会社と言えるでしょう。しかし海外案件ならではの不安を持つ…

  8. No.8SBIソーシャルレンディング

    SBIソーシャルレンディングは国内のソーシャルレンディング会社の中ではmaneoに次ぐ規模を誇る会社です。累計の募集金額は300億円を突破しており、その実績には確かなものがあると言えるでしょう。それだけ多くの人が投資するということは、SBIソーシャルレンディングを選ぶ何かしらの理…

  9. No.9さくらソーシャルレンディング

    ソーシャルレンディング会社も現在日本だけで20社以上あり、どの会社に投資すればいいのか、またどの会社を組み合わせればいいのか、人によっては迷うかもしれません。そこで、ここではさくらソーシャルレンディングの特徴やリスク、そしてどんな人が投資するべきかなど、ソーシャルレンディングへの…

  10. No.10クラウドリアルティ

    ソーシャルレンディングとよく似た投資手法の一つに不動産クラウドファンディングがあります。その不動産クラウドファンディングを運営している会社の一つがクラウドリアルティです。不動産クラウドファンディングは、ソーシャルレンディングのように手軽に不労所得を得ることができる上に、融…