FANTAS funding

No.3
人気度
魅力度
期待度
成長度

利回り8~10%の空き家再生ファンド!1万円から投資できて大人気。

不動産投資型クラウドファンディングの、FANTAS fundingについてご紹介します。

FANTAS fundingは、最短4ヵ月からの運用期間、投資金額は1口1万円からオンライン上で不動産に投資し、賃貸または売却からの収益に基づいた配当金の分配を受けられる仕組みとなっています。

1.FANTAS fundingの案件の特徴

1-1.ファンドの仕組み

オンラインで投資家から資金を預かり、不動産を運用して生じた利益から配当が行われます。対象不動産は空き家となっている住宅をリノベーション・バリューアップしたものを中心に、いくつかのタイプで展開することが計画されています。
FANTAS fundingの募集案件の利回りは8~10%と、空き家再生にしてはずいぶん固い利回りに設定されています。

1-2.優先出資者の元本の安全性を高める

FANTASがプロジェクトの全体20%を出資することで価格下落が生じた場合も20%までの下落であれば、投資家の元本は守られる仕組みを採用。最大限の安全性を確保されています。

1-3.社会貢献

現在、空き家が増え続け、社会問題となっています。FANTASはこれまで、社会問題になっている空き家を再生し、投資用不動産として再生する事業-FANTAS repro(旧:再生家)に取り組んできました。
空き家への投資は高リターンが故に、リスクも高く、投資初心者には手を出しづらい商品となっていました。FANTAS fundingでは、再生した空き家をファンド化する事で、社会貢献しながらも、低リスクでの投資が実現されています。

2.FANTAS fundingのリスクやデメリット

2-1.損失を出す可能性がある

投資家は優先出資者なので、20%の下落までなら元本の毀損はありませんが、それ以上の下落が起きた場合は損失がでる可能性もあります。

2-2.経営状態が見えない

FANTAS fundingは非上場のため、決算内容の開示業務がなく、経営状態が見えません。
そのため、急に倒産するという事態になりかねません。

2-3.不動産市況に左右される

FANTAS fundingは不動産投資に特化しているため、不動産の市況が悪くなると影響を受けやすいという特徴があります。
そのため、まずは少額から始めることと、分散投資を心がけることが重要です。

3.FANTAS fundingはこんな人におすすめ!

  • 不動産投資に興味がある方
  • すでにソーシャルレンディングをやっている方
  • 少額から投資をしたい方

もし1つでも当てはまったのであれば、まずは口座開設(無料)をしてみてはいかがでしょうか?


ランキング


おすすめ記事

OwnersBook
クラウドクレジット
CREAL

ピックアップ記事

  1. 2018.08.03

    今利用したいソーシャルレンディングのキャンペーン!どんな会社が実施している?

    ソーシャルレンディング各社では、投資家勧誘また投資募集の促進策として、各種のキャンペーンを随時実施し…
  2. 不動産開発と再生可能エネルギー施設

    2018.04.11

    ソーシャルレンディングの投資先の事業にはどんな種類のものがある?

    ソーシャルレンディングで投資をする時、投資案件の選定のために見るポイントとして「投資…
OwnersBook