1. No.11クラウドリース

    クラウドリースは、アミューズメント関連施設への融資を主軸に営業しているソーシャルレンディング会社です。国内では不動産事業への融資をメインとしたソーシャルレンディング会社が目立ちますが、アミューズメント関連施設メインのソーシャルレンディングであるクラウドリースの評判、そして収益性、…

  2. No.12スマートレンド

    ソーシャルレンディングの運営会社に対する行政処分が相次ぎ、これまで大変手堅い投資先として見られていたソーシャルレンディングも、それぞれの事業者リスクをよく考えてから投資先を選ばなければならなくなりました。そこでそれぞれソーシャルレンディング会社がどのような事業を展開し、ど…

  3. No.13LCレンディング

    LCホールディングスの1社として営業しているLCレンディング。国内では中小規模のソーシャルレンディング会社が目立ちますが、金融グループ内に所属するソーシャルレンディング会社として投資家からも高い評価を得ています。そこでLCレンディングに投資することはリスクが少ないのか、実…

  4. No.14クラウドバンク

    ソーシャルレンディングが日本に定着してきて数年。その収益性の高さや不労所得ならではのお手軽さで投資家からの支持が集まると同時に、ソーシャルレンディングならではのリスクも表面化しつつあります。これから先ソーシャルレンディングに投資する人は案件、そして事業…

  5. No.15タテルファンディング

    ソーシャルレンディング投資家から、不動産投資型クラウドファンディングであるタテルファンディングが今注目を浴びています。不動産投資型クラウドファンディングは不動産物件を運営する業者に投資して毎月安定した分配金を受け取ります。この手法がソーシャルレンディン…

  6. No.16トラストレンディング

    ソーシャルレンディングの安全神話にも疑問詞がつき始めています。そこで投資家としては、よりリスクが低くて収益性が高いソーシャルレンディング会社を自分の視点で見抜いていかなければいけません。そこでここではトラストレンディングの案件、そして事業の安全性や収益性などについて見ていきたいと…

  7. No.17アップルバンク

    ソーシャルレンディング投資を行うときのリスク対策として、様々な種類の事業に分散投資を行うという手法があります。国内の会社によるソーシャルレンディング案件を見ると、不動産開発案件を中心としたものが多くなっており、同時に担保に不動産が設定されていることも多いため、事業の可能性と安全性…

  8. No.18オーナーズブック

    オーナーズブックはロードスターキャピタル株式会社が運営するソーシャルレンディングサイトです。ソーシャルレンディングには2014年から参入し、2018年4月時点で50億円超の募集実績を持っています。比較的低リスクで投資ができ、信頼性の高いソーシャルレンディングサイトとしての評判があ…