1. No.11アップルバンク

    ソーシャルレンディング投資を行うときのリスク対策として、様々な種類の事業に分散投資を行うという手法があります。国内の会社によるソーシャルレンディング案件を見ると、不動産開発案件を中心としたものが多くなっており、同時に担保に不動産が設定されていることも多いため、事業の可能性と安全性…

  2. No.12ラッキーバンク

    ソーシャルレンディング会社を選ぶ時にはできるだけ確実に利益を出せる会社を選びたいもの。そんな中利回りが高い会社として人気があるのがラッキーバンクです。そこでラッキーバンクで投資するとどのようなメリットが得られるのか、またラッキーバンクに投資するのに向いているのはどんな人なのかなど…

  3. No.13maneo

    ソーシャルレンディングという投資手法が日本に入ってきたのは2008年。そしてそのソーシャルレンディングを日本で最初に手がけた会社が、今回ご紹介するmaneoです。つまりmaneoの歴史は日本におけるソーシャルレンディング投資の歴史なのです。今年でソーシャル事業展開を始めて…

  4. No.14ガイアファンディング

    日本国内では珍しい、アメリカの案件を専門に事業を展開しているソーシャルレンディング会社がガイアファンディングです。海外の案件に投資できるということで、投資家にとっては投資先の選択肢を広げてくれるソーシャルレンディング会社と言えるでしょう。しかし海外案件ならではの不安を持つ…

  5. No.15クラウドリース

    クラウドリースは、アミューズメント関連施設への融資を主軸に営業しているソーシャルレンディング会社です。国内では不動産事業への融資をメインとしたソーシャルレンディング会社が目立ちますが、アミューズメント関連施設メインのソーシャルレンディングであるクラウドリースの評判、そして収益性、…

  6. No.16さくらソーシャルレンディング

    ソーシャルレンディング会社も現在日本だけで20社以上あり、どの会社に投資すればいいのか、またどの会社を組み合わせればいいのか、人によっては迷うかもしれません。そこで、ここではさくらソーシャルレンディングの特徴やリスク、そしてどんな人が投資するべきかなど、ソーシャルレンディングへの…

  7. No.17グリーンインフラレンディング

    2017年度のソーシャルレンディングの市場規模は1300億円になると見られています。年々市場規模が倍々の勢いで拡大しているため、ソーシャルレンディング事業を展開する会社もどんどん増えています。その中でリスクを避け、かつ収益性を上げていくためには投資する会社を慎重に選ばなければいけ…

  8. No.18タテルファンディング

    ソーシャルレンディング投資家から、不動産投資型クラウドファンディングであるタテルファンディングが今注目を浴びています。不動産投資型クラウドファンディングは不動産物件を運営する業者に投資して毎月安定した分配金を受け取ります。この手法がソーシャルレンディン…

  9. No.19スマートレンド

    ソーシャルレンディングの運営会社に対する行政処分が相次ぎ、これまで大変手堅い投資先として見られていたソーシャルレンディングも、それぞれの事業者リスクをよく考えてから投資先を選ばなければならなくなりました。そこでそれぞれソーシャルレンディング会社がどのような事業を展開し、ど…

  10. No.20トラストレンディング

    ソーシャルレンディングの安全神話にも疑問詞がつき始めています。そこで投資家としては、よりリスクが低くて収益性が高いソーシャルレンディング会社を自分の視点で見抜いていかなければいけません。そこでここではトラストレンディングの案件、そして事業の安全性や収益性などについて見ていきたいと…

ピックアップ記事

  1. 2018.08.03

    今利用したいソーシャルレンディングのキャンペーン!どんな会社が実施している?

    ソーシャルレンディング各社では、投資家勧誘また投資募集の促進策として、各種のキャンペーンを随時実施し…
  2. 不動産開発と再生可能エネルギー施設

    2018.04.11

    ソーシャルレンディングの投資先の事業にはどんな種類のものがある?

    ソーシャルレンディングで投資をする時、投資案件の選定のために見るポイントとして「…