SAKURA SOCIAL LENDING

さくらソーシャルレンディング

No.9
人気度
魅力度
期待度
成長度

地方創生事業に関する案件を数多く提供!その為経済危機のダメージが低い

ソーシャルレンディング会社も現在日本だけで20社以上あり、どの会社に投資すればいいのか、またどの会社を組み合わせればいいのか、人によっては迷うかもしれません。そこで、ここではさくらソーシャルレンディングの特徴やリスク、そしてどんな人が投資するべきかなど、ソーシャルレンディングへの投資を検討している人にアドバイスしていきます。

 

1.さくらソーシャルレンディングとはどんな会社か

さくらソーシャルレンディングは2016年9月に創立されたソーシャルレンディング会社です。案件の運用開始が2016年12月と、まだ営業を開始してから一年半も経過していない比較的歴史の浅い会社です。本社があるのは福岡県。ソーシャルレンディング会社の大半が東京に本社を構える中で福岡を基盤とする会社は珍しいです。

また同社の特徴として、地方創生事業に関する案件を数多く提供していることが特徴になっています。東京だけではなく沖縄、大分、北海道など地方を中心としたソーシャルレンディング案件が目立ちます。またさくらソーシャルレンディングでも地方の活性化を目的としたファンドを運営しているとサイトでも謳っています。

日本は現在人口が減っているため、人気のある地域に人も富も集中する傾向があります。一方で国としては一局集中を防ごうと地方に移住する人を増やし、地方の産業を活性化させたいと考えています。さくらソーシャルレンディングはそのような国の考えに則ってソーシャルレンディング案件の運営を行っているとも言えるでしょう。

 

2.さくらソーシャルレンディングの案件の特徴は

地方創生に特化したさくらソーシャルレンディングですが、その案件の特徴はどのようになっているでしょうか。

 

2-1.利回りは7%台と平均的なレベル

さくらソーシャルレンディングが運用を行っている案件の利回りを見ると、現在提供されているものは7%もしくは8%弱の案件が目立っています。ホームページでは5%から10%としていますが、残念ながら現在10%という高利回りといえる案件の提供は行われていません。

利益を追求したい投資家の方には少し物足りない数字かもしれません。

 

2-2.担保の種類は色々なものがある

利回りの次に気になるのは、やはり融資した資金に設定される担保です。担保がしっかりしていなければ、貸し倒れが発生した場合に投資したお金を回収できません。

さくらソーシャルレンディングの担保を見ると、不動産担保、債権の担保や代表者の保証また店舗の備品そのものを担保にしているものなど多様です。

やはり換金性が高くて価値が下落しにくい担保として人気なのが不動産です。さくらソーシャルレンディングでも不動産担保に設定されている案件は比較的資金が早く集まる傾向があります。しかし、他の案件に関しては必ずしも満額まで資金が集まっているとは限りません。投資家からすると債権担保は危険性が高いと考えてしまうこともあるでしょう。

 

2-3.全国各地の投資案件を提供している

さくらソーシャルレンディング最大の特徴が、東京だけではなく全国各地の事業会社に対して資金の融資を行っている点です。地域貢献をしたいと考える投資家であれば、社会的意義を感じて投資できますが、そういったことを気にしない人にとっては、無意味と思ってしまうかもしれません。

ただし投資先分散の意味から考えると、地方の事業会社に投資する意味はあります。同社のソーシャルレンディング案件の詳細を見ると、融資先の数は少なくとも5社以上あることがわかります。一社に限定してしまうと融資先が倒産した場合、融資したソーシャルレンディング会社が共倒れになると同時に投資家達も資金を全て失うというリスクが生じます。分散投資ではそのようなリスクが回避されます。

ソーシャルレンディングは融資先の名前が匿名化されているため、基本的にはどの会社に融資しているかについては投資家が把握できません。少なくともさくらソーシャルレンディングでは5社程度に融資しているので、融資先の倒産による共倒れリスクは低いと言えます。

 

2-4.少額投資ができる

さくらソーシャルレンディングの最低投資額は現在2万円です。そのために分配金を投資に、また毎月の貯金をソーシャルレンディングへの投資に回すこともできます。少額ずつ毎月コツコツと積み立てて分配金収入を増やしていきたいという人は、さくらソーシャルレンディングで投資してみるのも良いでしょう。

 

3.さくらソーシャルレンディングのリスクを考える

一方でさくらソーシャルレンディングならではのリスクもあります。同社のホームページの内容や、これまでの経歴からリスクとデメリットを探ってみます。

 

3-1.募集実績が少ない

さくらソーシャルレンディングのホームページを見ると、約1年半ソーシャルレンディング事業に取り組んだ結果、投資家から集めたお金は8億円となっています。

18ヶ月で8億円だと、1ヶ月あたりの平均金額は五千万円にも届きません。ソーシャルレンディング会社としては物足りない数字であり、これだけで十分な利益が出ているとは考えにくいところです。

また投資家から資金が集まらないということは、後々事業から撤退する可能性もあります。投資家にとって実績の少なさが魅力や信頼性の低さにつながることもあります。

 

3-2.地方に投資をする具体的なメリットがない

地方に投資できることをメリットに謳っていますが、逆に考えてみれば人口が減っていく地方の会社に投資するのは危険が伴います。国が地方への移住を推進しているといっても東京への一極集中の傾向は明らかであり、地方創生に興味がないのであればさくらソーシャルレンディングの取り組みは無意味に思えてしまうでしょう。

ただしさくらソーシャルレンディングでは地方といっても東京、そして現在東京以外で唯一元気があるエリアといえる沖縄での事業案件を多く扱っています。

その意味では融資先の内容を吟味していけば、地方の事業案件に投資するリスクも避けられるでしょう。

 

3-3.これといった特徴がない

さくらソーシャルレンディングは投資家の観点からすると、地方事業メインの案件を提供してくれる以外に際立ったメリットが一つもありません。利回りが良いわけでもありませんし、maneoのシステムを利用しているため出金手数料も高いです。

担保を見ても不動産を担保に設定している案件はありますが、それ以外の担保も多いため安全性はそこまで高くないと言えます。

さくらソーシャルレンディングを選ぶ積極的な理由がないのもデメリットかもしれません。

 

4.さくらソーシャルレンディングをおすすめするのはこんな人

これといったメリットに繋がる特徴がないさくらソーシャルレンディングですが、利用するのであればやはり地方に投資できるという点をメリットとして活用したいです。

東京の不動産を担保に設定している案件はどの会社でも人気がありますが、もし日本で経済危機が起きればその影響を最も大きく受けるのは東京です。そういった意味では地方は東京からやや遅れて経済危機の影響を受けるため、地方案件に投資していれば、経済危機のダメージが軽くなるかもしれません。

またもちろん地方創生に意義を感じる人であれば、さくらソーシャルレンディングで投資する意味は大いにあります。地方が活性化すれば、いずれ日本全国の活性化にも繋がっていきます。投資しながら社会貢献も行いたい人は、是非さくらソーシャルレンディングで投資してみましょう。


ランキング


おすすめ記事